だるまんの陰陽五行「金」の章 ~反転後の世界~

新年も明けまして、2015年。そして1月は初詣の季節です。
昨今「神社ガール」という流行語も生まれ、ますます神社への理解が時代の要請になっております。
好評だった2014年のホツマツタエ、伊勢神宮に関する『だるまん講演会』でも多くの受講者の声が聞かれました。
それは「もっと詳しく聞きたい」とか「続編を是非!」ということです。今回は、それを受けての神様関係の五行的理解に関する講演会をたっぷりと行います。以下、その要点です。

①五行的に言うと、現在は「土」の時代で、現在の我々が物質的なものを中心にした考え方をしているのはご存知のとおり。しかし、その前の紀元前の時代には「木」の時代という時があったのです。その時代の考え方の中心にあるのは精神的なもの、とくに「想念」です。現実にあったことより、何を思い感じるかのほうが大切だったのです。だからこそ、自分にやってくる「思い」は常に神々から与えられるものであり、それを事実と理解していました。そんな時代にあった出来事が日本では「ホツマツタエ」という古代文献に記され、西洋でもギリシアやエジプトの神話などに示されているのです。 そこで神社の主祭神や、その意味を時代的な背景をも含めて理解すると、神社というものがどういうものであるのか理解しやすくなります。

②古事記、日本書紀など伝統的な古典をも含めて「伊勢神宮」、「出雲大社」に代表される天津神、国津神のふたつのグループの意味することや、「稲荷」、「八幡」などの神社系列の意味するものを理解します。

③『だるまんの陰陽五行』では高我、低我というふたつの生命のあり方を説明していますが、それを「我々であるところの低我」、「先輩であるところの高我」、と理解できると、神々こそが「高我」であり、そのあり方が「低我」である我々にとっての教訓になります。具体的には五行のルートで言う「土」から「水」での生き方を示します。それは「影の自覚」と「浄化と合一」という点に集約されます。今現在、人間として生きている我々がどのように神々と接し、何を思い、どう生きるべきなのかを考えてみましょう。

「モノサシ」としての陰陽五行が必ずや、新しい年の「人生の仕切り直し」に役立つことと自負しております。

『だるまん講習会お正月ワンデイスペシャル』

テーマ(タイトル)
『だるまん講習会お正月ワンデイスペシャル』講演会
『目覚めよ!神社ガール。ボーイもね。』−神さまは先輩−
日 程
平成27年1月12日(祝)
時 間
午前10時00分~午後4時00分(昼休を含む)
参加費
6,000円
※都合により半日希望の方は、3300円(午前のみ)3300円(午後のみ)
お年玉的記念品あり!
会 場
横浜情報文化センター6階情文ホール
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
懇親会
講演終了後に懇親会を予定しております。
場所/横浜中華街
費用/4,000円程度
お申し込み方法
1.参加希望の時間帯(①一日参加 ②午前(半日)参加 ➂午後(半日)参加のいずれかを記載)
2.懇親会参加の希望(横浜中華街・4000円程度の予定)上記の事項記載の上ご連絡お願いします。)

■問い合わせフォームでお申し込みの方
問い合わせフォームにて、お申込みの方は「当サイトの「問い合わせフォーム 」より必要事項をご記入の上お申し込みください。
○氏名
○連絡先(mailアドレスか携帯番号何れか必ずご記入ください。)
○参加希望の講演会名(※メッセージ欄に『1月12日の講演会参加申し込み希望』とお書き添えください)
○参加希望の時間帯
○懇親会参加の希望
※後日、だるまん事務局(info@daruman.info)のアドレスから必ずご返信させて頂きます。
メールを送信後3営業日以内に返信が無い場合は、メールが不着になっている可能性がありますので大変お手数ですが、㈱三冬社 TEL(03-3231-7739)までお問合せ下さいませ。

■メールでお申し込みの方
担当:堀内紀子宛にメールでお申し込みください。メールはdaisy_1007@disney.ne.jpこちら(メーラーが起動します)

■お電話でお申し込みの方
㈱三冬社TEL(03-3231-7739)(受付時間:午前10:00~午後5:00まで)
もしくは堀内歯科クリニック045-664-3864)(受付時間:午前10:00~午後6:00まで…日月祝ならびに木曜午後を除く)までお願い致します。