だるまんの陰陽五行「金」の章 ~反転後の世界~

2018年9月の講演会は…

「伊勢神宮と蛇神の謎」 

『だるまんの陰陽五行』では9月9日には伊勢神宮ツアー、10月28日には諏訪大社ツアーを行いますが、このことをベースに「蛇」の意味を五行の象徴で読み解きます。五行を理解するにあたり、蛇という象徴性はとても重要です。
蛇は長さに注目すると「木」という柱であり、神性や悪魔性に注目すると「土」という地の太陽であり、脱皮や卵をつくることに注目すると「金」という石になります。そして柱、太陽、石というのは五行の5に至る前の3すなわち「トリニティー」であり、まさに伊勢や諏訪の基本テーマにかかってきます。『だるまんの陰陽五行』シリーズでは次回作に「トリニティー」を扱いますが、今からおさらいしておきましょう。

だるまん講習会 in 東京駅  「伊勢神宮と蛇神の謎」  

テーマ(タイトル)

だるまん講習会 in 東京・八重洲  『伊勢神宮と蛇神の謎』

日 程
2018年 9月13日(木) 18:00~20:00
会 場
京八重洲会議室(イオンコンパス)
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階
 詳しくはこちら
※会場にご注意ください。(東京駅直結の八重洲地下街より、24番出口を出て目の前です。)
参加費
3,000
お申し込み方法
当サイトのお問い合わせフォームからお申し込みください。
お問い合わせフォームはこちら