だるまんの陰陽五行「金」の章 ~反転後の世界~

自分とは何か? 非二元(ノンデュアル)の可能性

陰陽五行の大元は「陰陽」です。つまり私たちの認知できる世界観は陰陽のふたつから成っているということで、男女や昼夜や肉体精神など、すべてが相対的な世界観から成っているということです。これを二元論といいますが、本当の実体はそれを超えた「一なる世界」にある…と考えるのが、最近よく言われる「非二元(ノンデュアル)」という言葉の意味です。
ここまで言うと陰陽五行は、最も「非二元」から遠いところにあると思いがちですが、それは勘違いというものです。陰陽五行は「二元」の世界から理解を進めることで、本当の自分は「非二元」にあることを教えているのです。具体的にいうと、
イメージとしての自分→現実感覚(「二元」)にある自分→本当(「非二元」)の自分ということであって、それは
「木」→「土」→「水」 という世界観に表れているのです。
このあたりから、『自分とは何か』という人間にとっての最大のテーマについて考えてみましょう。

だるまん講習会 in 東京駅  自分とは何か? 非二元(ノンデュアル)の可能性

テーマ(タイトル)

だるまん講習会 in 東京駅  自分とは何か? 非二元(ノンデュアル)の可能性

日 程
2017年 8月17日(木) 18:00~20:00
会 場
京八重洲会議室(イオンコンパス)
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階
 詳しくはこちら
※会場にご注意ください。(東京駅直結の八重洲地下街より、24番出口を出て目の前です。)
参加費
3,000
お申し込み方法
当サイトのお問い合わせフォームからお申し込みください。
お問い合わせフォームはこちら