だるまんの陰陽五行「金」の章~天の不思議を測るの巻~

登場人物のご紹介

だるまん
次元を超えた所からやってきた謎の存在。「陰陽五行」を使って森羅万象の謎を解明していく。本当は名前も姿も持たない存在なので変幻自在である。実はコスプレの趣味もあり、おねーさんの姿になる事が好きらしい。主として女性歯科医師、駄留満子の姿で登場。
皆本真大
歯科医師だがひょんなことから毎晩の夢でだるまんに出会い、その講義を受け続けることになる。歯科医院での日々を通じて、現実世界とその裏に存在する霊的世界を行き来しつつ、陰陽五行について学んでゆく。
実はだるまんの事をだるまんと名付けたのは彼である。もともとが心配性なので、飲み過ぎて二日酔いになることも多いそうだ。
阿部経二郎
自称、陰陽師だが本業は不動産業をやっている。いつから陰陽師として活動しだしたかは不明。
皆本クンと出会い、日本全国をまわり陰陽をつなぐ神業に出かけることになる。まじめな性格だが、実はけっこう女に弱い。
アキちゃん
だるまんと同じ皆本歯科医院で働く歯科衛生士。
駄留満子の正体がだるまんであることは、むろん知らない。

その他の登場人物