だるまんの陰陽五行「金」の章~天の不思議を測るの巻~

登場人物のご紹介

dr.スズキ
皆本クンの親戚にあたる。
皆本くんと同じ歯科医師として働く。
本巻では研修先の中国の奥地から手紙を送る。
イナンナ
姿をもたない地母神のひとつの形態としての女神。
シュメールやバビロニア神話で有名。その名は「天の女主」を意味するとされている。
本書では他に老婆、マタラ神、アマノウズメ、サルタヒコ、マグダラのマリアなどの形を取る。
ジェニー
だるまんと同じく変幻自在の存在でオカマの鬼の姿をとる。
人間の心の奥に巣くう保存欲を大好物とする。良い意味に働くと肉体の自然治癒力をカバーするが(「東洋医学」の章を参考)、悪い意味に働くと自己保全や権威を好む世界観に人間を閉じ込めることになる。
大土教授
だるまんの解説を非現実的であると攻撃する大学教授。
権威や常識にこだわりすぎる存在。
瀬久原先生
皆本クンと同じ歯科医師で学会の友人。女性が大好きなあまり、趣味が高じてプラジャーと歯科医療の関連性の研究にいそしんでいる。実は女性の下着を集める趣味があるらしいが、さすがに本人も秘密にしているので、それ以上は聞けない。本書では東北の旅に同行する。
おじさん
人と同じことをしていないと不安になるという「土」的な世界観に閉じ込められた存在。
イガミネさん
おねえキャラのギョーカイ人という事はわかっているが、その他のことは定かではない。だが民俗学や郷土史の研究にかけては余念がない。女性に触れるとじんましんが出てしまうのが悩み。

その他の登場人物