だるまんの陰陽五行「金」の章~天の不思議を測るの巻~

マンガで解るシリーズ『だるまんの陰陽五行』は、陰陽五行の「木」「土」「水」「火」「金」の五行を哲学、医学、民俗学、歴史、易学、西洋神秘学の体系に照らして解説するマンガ形式の書物となっています。
陰陽五行とは、見えない世界までを含む森羅万象を測るモノサシです。これに通じてくると世界観が変わること請け合いです。人生を積極的に生きていくことができるようになります。
本シリーズの最大の特徴はマンガによる解りやすい解説書であるということです。一見難しそうなテーマも謎の登場人物“だるまん”が、読者を陰陽五行の世界にやさしくナビゲートしてくれることでしょう。
さぁ、あなたも「だるまん」と一緒に陰陽五行の世界に出発しましょう!

著者ごあいさつ

陰陽五行は東洋哲学はもちろん、医学や日常の習慣に至るまであらゆる事象の下敷きとなっている思想である。
しかも、その範囲は「霊」などの「見えない世界」にまで及んでいる。先人の知識の集大成であるのに、今まで医学とか民俗学とかジャンルごとの解説書は多数あったが、全体を包み込むようなものがなかった。
本シリーズはそれに挑んでいる。
本シリーズでは、第一巻「木」の章と第二巻「土」の章で主として、人文系の話題に哲学、宗教、心理学、神秘学的などをからめて取り上げ、第四巻「火」の章と第五巻「金」の章で歴史、民俗学の話題を取り上げることにする。そして第三巻「水」の章(前編)では命の不思議についてと、第八巻「水」の章(後編)では宇宙の不思議について、そして、第六巻「東洋医学」の章で自然科学と、特に東洋医学の考え方を取り上げている。


五行研究会主宰。堀内歯科クリニック院長。1955年生まれ。日本大学歯学部卒。横浜市中区歯科医師会理事。日本歯科東洋医学会所属。
歯科医師として、顎関節症・咬合など東洋医学(陰陽五行)を取り入れて、体のバランスを考えた治療を行う一方、五行研究会を開催、講習会等を行っている。また、歯科関係では、「みがけ!デンたん12」など、イラストレーターとしても活躍中。