だるまん

皆本真大

阿部経二郎

アキちゃん

Dr.スズキ

イアンナ

ジェニー

大土教授

瀬九原先生

おじさん

イガミネさん

しののめ

ニャンコロ先生

笹井先生

ぎゅうたん

ホネホネマン

ガルラ

だるまん

次元を超えた所からやってきた謎の存在。「陰陽五行」を使って森羅万象の謎を解明していく。本当は名前も姿も持たない存在なので変幻自在である。実はコスプレの趣味もあり、おねーさんの姿になる事が好きらしい。主として女性歯科医師、駄留満子の姿で登場。

皆本真大みなもとまさひろ

歯科医師だがひょんなことから毎晩の夢でだるまんに出会い、その講義を受け続けることになる。歯科医院での日々を通じて、現実世界とその裏に存在する霊的世界を行き来しつつ、陰陽五行について学んでゆく。
実はだるまんの事をだるまんと名付けたのは彼である。もともとが心配性なので、飲み過ぎて二日酔いになることも多いそうだ。

阿部経二郎あべけいじろう

自称、陰陽師だが本業は不動産業をやっている。いつから陰陽師として活動しだしたかは不明。
皆本クンと出会い、日本全国をまわり陰陽をつなぐ神業に出かけることになる。まじめな性格だが、実はけっこう女に弱い。

アキちゃん

だるまんと同じ皆本歯科医院で働く歯科衛生士。
駄留満子の正体がだるまんであることは、むろん知らない。

Dr.スズキ

皆本クンの親戚にあたる。
皆本くんと同じ歯科医師として働く。
本巻では研修先の中国の奥地から手紙を送る。

イナンナ

姿をもたない地母神のひとつの形態としての女神。
シュメールやバビロニア神話で有名。その名は「天の女主」を意味するとされている。
本書では他に老婆、マタラ神、アマノウズメ、サルタヒコ、マグダラのマリアなどの形を取る。

ジェニー

だるまんと同じく変幻自在の存在でオカマの鬼の姿をとる。
人間の心の奥に巣くう保存欲を大好物とする。良い意味に働くと肉体の自然治癒力をカバーするが(「東洋医学」の章を参考)、悪い意味に働くと自己保全や権威を好む世界観に人間を閉じ込めることになる。

大土教授

だるまんの解説を非現実的であると攻撃する大学教授。
権威や常識にこだわりすぎる存在。

瀬久原せくはら先生

皆本クンと同じ歯科医師で学会の友人。女性が大好きなあまり、趣味が高じてプラジャーと歯科医療の関連性の研究にいそしんでいる。実は女性の下着を集める趣味があるらしいが、さすがに本人も秘密にしているので、それ以上は聞けない。本書では東北の旅に同行する。

おじさん

人と同じことをしていないと不安になるという「土」的な世界観に閉じ込められた存在。

イガミネさん

おねえキャラのギョーカイ人という事はわかっているが、その他のことは定かではない。だが民俗学や郷土史の研究にかけては余念がない。女性に触れるとじんましんが出てしまうのが悩み。

しののめ

阿部クンの知り合いだが、どういう経緯で知り合ったかはまるで不明。性別は女性のようだが、人間であることすらはっきり言って不明。しかし意外なことにとても気が利く所があり、皆からは「式神」と言われている。本書では皆本クンと阿部クンの九州行きの手伝いとして参加。

ニャンコロ先生

ネコの国にある「にゃんころ歯科医院」の院長である歯科医師。本巻ではだるまんと皆本クンが研修に尋ねる。かみあわせに関するパンフレットを作成している。

笹井先生

皆本クンと同じ歯科医師で学会の友人。有名な女性下着メーカーの御曹司で、東北の旅では運転手付きで車を用意してくれる。常に瀬久原先生と行動を共にしているが、同類に見られることを本当はとてもいやがっている。

ぎゅうたん

「牛たん」という牛タン屋を経営する女将。もとは小学校の先生で笹井先生の叔母にあたる。現在は地元の仙台市で、牛タン屋のかたわら郷土史のお話会を開いている。本編でも興味深い話を提供することになる。

ホネホネマン

だるまんの友人で骨だけの姿をとっている。どこのパーツの骨でも自由自在に取り外しができるので、骨格の学習にはもってこいの存在。顎関節症の解説で活躍する。

ガルラ

冥界の悪霊。
もとはシュメール神話に登場する。