陰陽五行理論を自分なりに使えるように

もく」の章から始まる「だるまんの陰陽五行シリーズ」は
漫画だから解りやすい(初めのきっかけとしてちょうどいい)と言われます。
何故なら、こころに興味があって四柱推命などの占易や、健康に関心があって
東洋医学の理論を理解しようとしたが、うまくいかなかったと挫折してしまうことが
多々あるようです。難しかった陰陽五行理論を使える学問にがテーマです。

「木」の章

「土」の章

「水」の章(前編)

「火」の章

「金」の章

「東洋医学」の章

おクチとカラダの診察室

「水」の章(後編)

実践編 「愛の羅針盤」

「学問」のすすめ

五臓六腑

伊勢神宮

福呼

陰陽五行はこころの科学分析ツール

四柱推命や動物占いの元となる東洋哲学

五行(木、火、土、金、水)に、あらゆるものを当てはめて考える分析ツールです。
森羅万象が木、火、土、金、水にあてはまります。
「木」(き)は、上に伸びていく様子を連想します。だから、若い人。色は青、本来は緑色を指し若葉の色。 青春は若い人がこれから伸びる時期。
「火」は、その言葉通り、火が燃える様子、夏に出会った燃えるような恋は、熱しやすく冷めやすかったり……陰陽五行に当てはめて考えてみると納得できるものが多くあります。

陰陽五行は東洋医学の基礎理論

こころと心は表裏一体です。思いの「こころ」は、心臓の「心」(しん)と、「火」(か)にあてはまります。火といえば色は赤、真っ赤に燃える炎、そして血液です。そして全身の血液循環は心臓の役目です。心臓が体に必要な血液を循環できなくなると、身体の元気がなくなり、心も障害ができてきます。健全なこころと心(しん)は表裏一体ですね!